若返りのための究極のストレッチをあなたに

もう年だからとあきらめますか?

理想の筋肉状態とは

理想の筋肉状態とは

つきたてのお餅のように柔らかく弾力があるものです。

筋肉とは本来やわらか〜いものです。

オリンピック出場レベルの単距離選手のカラダにさわったことのあるトレーナーによると、彼らのカラダがどこもかしこもプリンのように柔らかかったそうです。

イメージがわかない場合は、猫やうさぎに触ったときの感覚を思い出すとよいですよ。

本来柔らかい筋肉が硬くなる原因は、筋肉の過緊張です。

脳の命令によって筋肉が緊張することにより、動作や姿勢維持がなされますが、人それぞれの癖によって命令が下る筋肉が異なる、つまり、優位に使われる筋肉が異なるため、使いすぎた筋肉が過緊張に陥り、「凝り」や「はり」の原因となります。

そうすると、脳は硬い筋肉がその人にとっての「スタンダードな状態」と認識して、硬さをキープしようとします。

ストレッチして痛みの出る人は、「それ以上いったら危ないっ」という脳の判断によって痛みというシグナルが送られます。

ですから、痛みの出ない範囲で、脳の了解を得ながら、少しずつストレッチすることが遠回りのようでいて近道なのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional