若返りのための究極のストレッチをあなたに

もう年だからとあきらめますか?

肋間神経痛について

肋間神経痛で悩んでいる方の症状とは、

呼吸をすると胸が痛くなる。
ピリピリと胸に走る痛みがある。

胸に違和感があると、心臓や肺の病気を疑いがちですが、そんなに深刻にならなくても大丈夫です。

肋間神経痛の原因の多くは、ストレスと極度の背中のコリが関係していると言われています。

肋骨の間には背骨から出ている神経がぐるっと前の方まで伸びています。

背中の筋肉が極度にコリ固まると、肋骨の間の神経である、肋間神経痛の根元を締め付けてしまいます。

それが原因で胸に痛みがあることが多いと言われています。

胸が痛いからといって、即、心臓や肺に異常があるワケではありません。

肺自体に痛覚は無いですし、深刻な心臓の病気であればもっと激痛です。

現代人は自分でも気が付かないうちにたくさんのストレスを抱えています。

いろんなものを背中に背負っています。

肩甲骨の間の脊柱起立筋が硬い方がとても多いです。

ここがカチカチに硬まってしまうと気分も憂鬱になります。

気が病むと、文字通り病気になってしまいます。

肋間神経痛でお悩みの方には、なかなか触ることが難しいところですが、肩甲骨の間の脊柱起立筋の背骨のキワにある、細い筋肉をしっかりとほぐしてみてください。

結構楽になりますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional