若返りのための究極のストレッチをあなたに

もう年だからとあきらめますか?

肥満の原因

太りすぎのほとんどは腸が水をためこんでいて、
胃が張ってカチカチ
↑内臓の疲れ

内臓機能低下により、下半身のむくみや冷えにつながり、それがさらに内臓を機能低下させる悪循環に陥っています。

内臓疲労の原因: 姿勢のゆがみ、食べ過ぎ、カラダの負担になる物の摂取、お酒の飲みすぎ、ストレスによる自律神経の乱れ

ダイエットを成功させるには、体幹のエクササイズと並行して食生活の改善によって内臓を休めることが必要です。

内臓を休めることで全身の疲労を緩和して、全身を活性化する、つまり代謝をアップさせます。

摂取カロリーを減らすだけでなく、食事の内容を見直しましょう。

体幹バランスを整える体幹チューニングを行いましょう

体幹バランスが悪化する原因・・・腹圧の低下

腹圧調整 7か所
1 みぞおち
2 へその上
3 へその下(丹田)
4 骨盤の右側の出っ張りの内側
5 右側の肋骨の下
6 左側の肋骨の下
7 骨盤の左側の出っ張りの内側

就寝前などにあおむけで、上記7か所をゆっくり押していきます。

丹田意識
おなかを少しへこませ、丹田を常に意識するようにします。背筋が伸びて姿勢がよくなります。
歩くときも丹田に意識を向け、おなかを少しへこませ、胸を開く感じにする。これだけで歩く姿も美しく見えます。

体幹とは?
 
アウターマッスル(腹筋・背筋)
インナーマッスル(腹横筋、横隔膜、腸腰筋)
風船が膨らむことでカラダを直立に保つ支持力が生まれます。 

カロリー計算方法

理想体重を実現するためのカロリー計算方法です。
理想体重に普段の活動量を乗じて得た数字が一日のカロリー量となります。

たとえば、45キロを目指している女性で、それほど運動量の多くない生活(通常生活)をおくっている場合、45×28=1260
つまり、一日1260カロリー似内に摂取カロリーをおさめていれば体重は短期間で45キロまで落ちてきます。

理想体重×24 完全安静
理想体重×28 通常生活
理想体重×32 比較的動く生活
理想体重×36 よく動きまわる生活

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional