あの頃の私にアゲイン

もう年だからとあきらめますか?

外反母趾改善におすすめのストレッチ

外反母趾改善におすすめのストレッチ



久々ブログですっ。


今回のテーマは、


The 外反母趾


けっこう多いんですよね。


外反母趾


原因はいろいろ言われていますが、


一つには、アキレス腱の硬さがあります。


アキレス腱が硬いと、歩行の際、地面を蹴りにくくなり、偏平足になりやすくりなります。


足裏の横アーチがくずれると、甲の高さがなくなり足の横幅が広くなります。


すると、親指が圧迫されて、小指側に折れ曲がってしまいます。


ハイヒールなどの狭い空間に足を押し込んでも同様のことが起こり得ます。


上記まとめますと、


外反母趾改善対策には、


1. アキレス腱のストレッチ


2. 足裏のアーチ回復のためのインソール使用


が、必要そうなことがわかってきます。


ちなみに、市販のインソールは、個々人の足裏の状況や歩行の癖などに応じて作られていないため、外反母趾の改善にはつながりにくいようです。


足の悩みを得意とする整形外科を受診されるとよいでしょう。


さて、アキレス腱のストレッチについて、ですが、


アキレス腱に合流する筋肉は、腓腹筋とヒラメ筋です。


腓腹筋とヒラメ筋をよくストレッチすると外反母趾予防・改善に役立つということです。


腓腹筋ストレッチはこんな感じでどうぞ(o^-')b



画像の説明


あっ、私が書いたわけではありません。


私が書きそうなヘタウマイラスト。。。(#^.^#)


でも(o^-')b


シンプルな中で、腓腹筋ストレッチのコツがあますことなく記されている優れもののイラストなのです。


腓腹筋ストレッチのポイントは、


1. かかとを床に密着させる


2. ヒザをしっかり伸ばす。


3. おへそを前方にクンと出す。


です(o^-')b


お次はヒラメ筋ヾ(@°▽°@)ノ


画像の説明




ひらめ筋は、ヒザをまたいでいない筋肉なので、


ヒザは曲げてもいてもよいのです(o^-')b


ストレッチ特集



ストレッチ特集の中にも、腓腹筋・ひらめ筋ストレッチがいっぱい登場しているので、やりやすいストレッチをやってみてくださいね(o^-')b

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
パーソナルトレーナー
腰痛改善トレーナー
玉生かおり(TAMANO Kaori)

シニア応援ストレッチ 
腰痛改善ストレッチ

〒169-0073
東京都新宿区百人町1-18-11西川ビル301

03-6364-0236

シニア応援 腰痛改善
ごきげんストレッチには
「中野、百人町、北新宿、西新宿」からも
お越し頂いております。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional