あの頃の私にアゲイン

もう年だからとあきらめますか?

81歳の再起

81歳の再起



遠方からのお客様が増えています。


当店のお客様であるI様の紹介でK様から電話がかかってきたのはいつ頃だったでしょうか?


K様のお知り合いを連れていらっしゃりたいというお電話でした。


お知り合いとはK様のお姉さんであることがわかり


とうとうご来店の運びとなりました。


K様のお姉さんのH様(81歳)からはお電話で状況をお伺いしていたので、


ご来店の日のお話しはスムーズにすすみました。


K様の主訴は、歩行困難ですが、


O脚がかなりすすんで、ヒザに痛みがでてしまうことが歩行困難の原因のようです。


座位で脚にしびれも出てしまいます。


O脚。。。。


ヒザ痛。。。。


しびれ。。。


この3つのキーワードが出てくると、ゆるめるべき筋肉はほぼ見当がついてきます。


その筋肉とは!?


続きは次回(o^-')b


じゃなくて〜(#^.^#)


その筋肉とは、


はい。


お尻です。


お尻がなにゆえヒザとつながりが?


ってあなた、お尻の筋肉(大殿筋)って途中で大腿筋膜張筋と合体してつつつーって伸びてヒザの外側にくっついているんですよ。


だから、ヒザを外に引っ張ってO脚を誘発するのです。


じゃ、しびれとお尻って何の関係が?


それは、お尻の中の梨状筋という筋肉が硬くなると坐骨神経を圧迫して脚にしびれを引き起こすからです。


お尻って深いんですね。


ええ、全身の筋膜の基盤がお尻なので、お尻をゆるめないことにはどうにもならないんです。


歩行困難の原因の一つには、腸腰筋の硬化もあります。


腸腰筋ストレッチは、私が最も得意とするストレッチです。


これは込み入った技術を重ね使いしているので、真似するのが難しいストレッチでもあります。


で、この腸腰筋ストレッチを披露すると、


「先生、その細いカラダでどこからそんな力が出るのですか?!」


「まるで魔法みたい!」


と、H様は、私の腸腰筋ストレッチの威力を敏感に感じ取ってくださいました(^^)v


さて、施術が終わったH様はというと。。。


ご来店時には時間を要していた階段をすたすたとおりていかれましたヾ(@°▽°@)ノ


あれ? ご来店時は階段をのぼっていらしたんじゃないの?


はい、実は、H様と付き添いでいらした弟さんのK様は、店舗オープン時間より大幅に早く到着されてしまい、


すいませーん、店内がまだ暖まっていないので、どこかで時間をつぶしてきてもらえませんかー?


と非情な仕打ちにあっていたのでした(#^.^#)


そのとき階段をおりる際に困難を要していたのですね。


それが、お帰りの際には、K様が「そんなに早くおりないで」とあたふたされるほどH様がすたすたと階段をおりてしまったわけです。


階段をおりて、H様が清々しい表情で凛として立つ姿を拝見すると、


じわーっと嬉しい気持ちがわきあがり


弟さんも嬉しそうで、


いい仕事をさせて頂いたなー


と自分の仕事に感謝したのでした。


画像の説明


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
パーソナルトレーナー
腰痛改善トレーナー
玉生かおり(TAMANO Kaori)

シニア応援ストレッチ 
腰痛改善ストレッチ

〒169-0073
東京都新宿区百人町1-18-11西川ビル301

03-6364-0236

シニア応援 腰痛改善
ごきげんストレッチには
「中野、百人町、北新宿、西新宿」からも
お越し頂いております。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional